更年期の冷えやのぼせに効く定番のサプリはこれ!

更年期の女性特有の症状であるホットフラッシュや冷えのぼせ。それ以外に寝汗をかいたり、小さいことにイライラしては情緒も不安定になるなど更年期には一体自分はどうしてしまったんだろうと自己嫌悪に陥る程の辛い症状に見舞われることがあります。

 

場所や場面を問わず容赦なく襲いかかってくる更年期障害と呼ばれる諸症状の脅威をできる限り緩和し辛い更年期を乗り切るために効果的なサプリをや漢方をご紹介します。

更年期対策の基本は大豆イソフラボンサプリから

更年期対策のサプリは数多く発売されていますが、その中でも特におすすめしたいサプリが大豆イソフラボンを配合した大豆イソフラボンサプリです。
大豆や甘草、レッドクローバーなどのマメ科の植物に多く含まれるイソフラボンは植物性エストロゲンと呼ばれており女性ホルモンの代表的存在であるエストロゲンと同じ様な作用をすることがわかっています。

 

更年期と呼ばれるステージまで年齢を重ねた女性の体(卵巣や卵胞)は、ストレスや活性酸素の影響を受け酸化し女性ホルモンを使った脳の下垂体や視床下部との連携機構(フィードバック機構)に乱れが生じています。大豆イソフラボンが連携信号であるエストロゲンと同様の役割をすることで体の中で起こる誤作動やパニック、つまり更年期障害の諸症状を緩和することができるのです。

 

数あるサプリの中で大豆イソフラボンサプリを勧める理由とは?

医学的なエビデンスに基づいた根拠を持っている

やはり大豆イソフラボンがローヤルゼリーなどの更年期障害に効くと言われている他のサプリと違う点は、疫学的な研究成果や実証的な医学的根拠がしっかりと大豆イソフラボンの信頼を支えている点です。

 

世界的に見ても権威性の強いサプリメントのバイブル的存在の「ナチュラルスタンダードによる有効性評価 ハーブ&サプリメント」においてもランクA(強力な化学的根拠がある)との評価づけがされていることからも大豆イソフラボンの高い信頼性があらわれています。

 

本当に大切なのはエビデンスよりも実際のお悩みが緩和していく体感だということは重々承知ですが、それでも初めてサプリを試してみたいという方には高いエビデンスはサプリ選びを失敗しないための大きなアドバンテージになります。

希少価値の低い原料をもとに作られている

希少価値は商品価格の高騰に直結するため入手しやすい大豆という原料を使用している大豆イソフラボンサプリは、他のサプリと比べて低コストで入手することができます。

安全性に対する信頼感を抱きやすい

メインの原料は、日本人にとってとても馴染みのある大豆ですので大豆に対してアレルギーを持つ方以外は特に安全性に対する心配をする必要がありません。動物の胎盤からの抽出エキスを原料とするプラセンタサプリなどは、どうしても衛生面や品質管理に関してある程度の警戒をする必要があります。その点を特に気にする必要のない大豆イソフラボンは初めてのサプリとしておすすめできます。

大豆イソフラボンに副作用やデメリットはあるの?

前述の通り大豆イソフラボンサプリは、入手しやすく、扱いやすく、確実な根拠を持っているという素晴らしいサプリですが確実な効果(作用)を持っていることは作用の裏返しである副作用も起きうることが言えます。(副作用とは、それが良い作用か悪い作用なのかに関わらず意図しないところに作用が働くことを言います。)

 

ただし、2006年に食品安全委員会により大豆イソフラボンの1日摂取目安上限をい70〜75r/1日に設定されていますが、この摂取量を超えるような過剰摂取をしない限りは副作用をリスクを心配する必要はありません。

 

大豆製品を日常的に食べていたとしても摂取量の上限を超えることはありませんが、大豆イソフラボンサプリ以外にも女性ホルモン調整作用を持った薬やサプリを摂っている場合は少し注意が必要になります。

大豆イソフラボンサプリの効果がない人もいるって本当?

更年期障害の緩和に非常に心強い味方となってくれる大豆イソフラボンサプリですが、大豆イソフラボンサプリユーザーの中にはいくらサプリを継続してもまったく効果がないという方もいます。エビデンスが確立されているはずの大豆イソフラボンの効果に差がでるのは一体なぜでしょうか?

 

実は、その答えは腸内環境にあります。

 

乳酸菌ラクトコッカス20-92と呼ばれる腸内細菌を持つか持たないかで大豆イソフラボンの女性ホルモン様作用を効果に大きな差があらわれます。

 

腸内に乳酸菌ラクトコッカス20-92を持つ方が大豆イソフラボンを摂取するとエクオールという物質に変化します。この大豆イソフラボンから変化したエクオールこそ更年期障害の悩みを緩和するためのスーパーイソフラボンになります。

エクオールの効果

  • エストロゲン様作用
  • 更年期障害の緩和・改善
  • 骨粗鬆症のリスク軽減
  • 肌にハリや潤いを与える美容作用 etc...

更年期ののぼせや冷え、ホットフラッシュの対策として欲しかった効果はエクオールにこそあり大豆イソフラボンの効果をまるで感じることができない方は腸内でエクオールを産生できない非エクオールプロデューサーの可能性が高いと言えます。

エクオールを作るには?エクオールを作れない人はどうしたらいいの?

日本人は欧米人と比べて更年期にあらわれる症状の重さも頻度も比較的軽いとのデータが出ています。さらに調べていくと日本人は欧米人に比べてエクオールプロデューサーの割合が30%程度高いことがわかっています。

 

しかし、エクオールプロデューサーの割合が多いとされる日本人でも全体のおよそ50%〜60%しかエクオールをつくることができないことがわかっています。

 

自分がエクオールを産生できるかのチェックは「ソイチェック」と呼ばれる簡易テストで簡単に行うことができますが、2014年に行われた1849名のソイチェックユーザーを対象にしたテストでは実に810名/1849名(43%)しかエクオールを産生できていないという衝撃的な結果がでています。そして、年々その割合は減少傾向にあるとされています。

 

エクオールを産生するための腸内環境を作るためには、幼少期の食卓にしっかり豆腐食品が日常的に並んでいたかなど食生活に鍵があるというのが非常に有力な説とされています。現代の日本の食文化は食の欧米化の影響を受け、日本人らしい食卓離れが起きていることも否めません。その結果、20代〜10代のエクオールプロデューサーの割合は欧米人と同じような数値(20%〜40%)になっています。

 

幼少期に形成された腸内環境を大人になってから変化させるのは非常に難しいといわれており、いくら大豆イソフラボンサプリを飲んでもまるで効果を感じることができない場合はソイチェックをして自分がエクオールプロデューサーであるかを確認したり、少しコストは上がってしまいますが直接エクオールを摂ることのできるエクオールサプリを購入するようにしましょう。

 

もちろん大豆イソフラボンサプリは更年期の諸症状以外にも多くの素晴らしい効果を得ることができますので大豆イソフラボンの全てがまるで意味がないことはありませんので一度大豆イソフラボンサプリを試したうえで更年期の悩みが緩和しない場合にエクオールサプリを取り入れてみることをおすすめします。

更年期の症状を楽にするには運動がお奨め

女性は50代前後になったら更年期対策をした方がいいと思います。どんな人でも、更年期にかからない自信がある人でも、更年期障害に対する備えがあった方がいいはずです。

 

 

 

更年期対策でわたしが勧めたいことがあるのですが、それは運動を習慣にすることなのです。運動を習慣にすることが更年期障害をラクにすると思う理由は、身体の血行を促進させる効果が運動にはあるからです。

 

 

 

更年期障害は身体の血行が悪化することが原因だと言われています。血行が悪くなった身体にはさまざまな不快症状が出てくるものですが、更年期の症状も血行の悪さが原因ならそれを改善すればいいと思うのです。

 

 

 

血行を良くすることは難しくありません。運動と言ってもジムで身体を鍛えなければいけないなんてことありません。のんびり歩くウォーキング程度の軽い運動でも毎日続ければ立派な運動です。

 

軽い運動の積み重ねをすることで更年期障害の原因である血行不良をなくせば、身体がいい状態に向かいます。

 

食事中に顔から吹き出る汗に苦しむ

私の母は40代後半の頃から、食事中に汗をかくようになりました。

 

熱い料理や辛い料理を食べているときはもちろんですが、そうでない料理を食べているときもです。汗をかく部分は決まっていていつも顔の部分だけです。汗の量も多くハンカチなどで拭かなければボタボタと下へ落ちるほどでした。

 

母いわく、若い頃はそんなことなかったんだけど48歳くらいになった頃から症状が出てきたのだそうです。汗以外には特に困ることもないので病院へ行くこともしていませんでした。

 

普段家庭での食事ではそれほど気になりませんが、外食をしたときなどは食事中に汗をかくことや、そのことにより化粧が崩れることが恥ずかしく思うようで、あまり他人と食事に出かけるということをしなくなりました。お友達とランチに出かけることが好きだった母なので、少し可哀想に思いましたが、その代わりランチ以外の理由をつけてお友達を誘ったりして出かけていました。

 

そんな母の症状も60歳になる頃には無くなりました。

 

サプリメントを服用中

48歳の女性です。まだ閉経はしていませんが、更年期と思われる症状があります(ありました)。

 

 

 

頭痛、肩こり、吐き気、のぼせ、カーッと暑くなったかと思えば急に寒くなる、些細なことにイライラする、生理周期の乱れ(20日くらいで来てしまうこともあれば、35日以上来ないことも)、経血量が多いときと少ないときなどありました。

 

 

 

病院に行きましたが、ホルモン療法を勧められたので、恐くてやめてしまいました。ホルモン療法をすると乳がんの発生率がやや高まると聞いたからです。

 

 

 

そこで自分なりに考えてサプリメントを服用してみることにしました。

 

 

 

女性ホルモンの働きに近いとされる「マカエキス」と「ザクロエキス」を一日3回、サプリメントで服用しています。その外に市販の「いのちの母」と「薬用養命酒」も飲んでいます。

 

 

 

どのサプリがどう効いているのかはわかりませんが、これらを飲み始めてからは体調が良いです。特にカーッと暑くなってその後、急に寒くなる症状が治まりました。生理周期も28日前後に落ち着いてきています。
これらのサプリで何とか更年期を乗り切れたらいいなと思っています。更年期の足のむくみに悩んだらこちらのむくみのサプリメントがおすすめです。